公開日: |最終更新日時:

勉強意欲が湧かない・集中できない

勉強しなければならないことは十分に分かっているにも関わらず、なかなか勉強意欲が湧かない中学生や勉強に集中できない中学生は多くいます。このような生徒に対して、親や教師はどのように対処すれば良いのでしょうか。ここでは、勉強意欲が湧かず勉強に集中できない生徒への効果的な対処法について紹介します。

受験勉強に疲れた・勉強がつらいと感じる原因と対策

そもそも生徒の勉強意欲が湧かず、勉強に集中できない原因はどこにあるのでしょうか。具体的には以下の原因が考えられます。

  • 勉強の内容が分からない
  • 授業が面白くない
  • 教師の教え方が悪い
  • 学習環境が悪い

それぞれの内容について、具体的に解説します。

勉強意欲が湧かない・集中できない原因

せっかくやる気を持って勉強を始めたにも関わらず、勉強の内容が分からない場面が度々あると、次第にやる気が無くなります。分からない場面に遭遇したら、その都度分かるまでしっかりと立ち止まることが大切です。時には基本に戻り復習したり、分かる人に質問したりすることも必要です。最初は時間がかかるかもしれませんが、根気よく勉強することが求められます。

授業が面白くない

勉強の意欲が湧いてこない原因として、学校の授業があまりに単調で面白みに欠けることがあげられます。学校側の対策としては、さまざな教材や機材を使用して授業に面白みを持たせる工夫が必要になるでしょう。

生徒側の対策としては、塾などの外部の教育機関を利用する手段もあります。学校の授業に期待しすぎず、勉強意欲が湧く環境を自ら探し出すことも大切です。

教師の教え方が悪い

教師の中には生徒の疑問に正面から向き合わず、自分のペースで授業を行う方もいます。生徒と教師の相性も重要であり、教え方が下手な教師や相性が合わない教師から指導を受けると、返って生徒の学習意欲を阻害することになりかねないため注意が必要です。

教師は、常に自分の指導力を改善してより良いものにする努力が必要です。生徒の立場に立ち分かりやすい教え方を心がけ、生徒のやる気を引き出す工夫が求められます。

学習環境が悪い

授業中に騒いだり私語をする生徒がいたりすると、勉強したい生徒の集中力を奪うことに繋がります。生徒たちが授業に集中できるよう、クラスを上手に統率する教師の手腕が問われます。

学習意欲が湧かず勉強に集中できない生徒に共通して言えることは、勉強に対して面白みを感じることができない点です。生徒の周囲にいる大人達が、学ぶことの楽しさや面白さを彼らに十分に伝え、やる気を喚起する工夫や努力をすることが必要だと言えます。

学習スタイルで選ぶ!

高校受験を目指せる
学習塾・サービス3選

追求心と思考力を高め効率的に成果を出す

類塾

類塾_img

引用元:類塾
https://juku.rui.ne.jp/

  • 集中特訓で効率的に成績アップ
  • グループ追及で自己学習がぐんぐん進む
  • 答えのない問題の考え方で小論文力向上

類塾生の定期テスト結果を見る

Z会の通信教育_img

引用元:Z会の通信教育
https://www.zkai.co.jp/jr/

  • 1回約30分と自分のペースで学べる
  • 精鋭講師陣によるハイレベルな授業
  • 5講座セットで9,970円から

Z会の通信教育のカリキュラムを
公式サイトで見る

各スタイル別でおすすめする学習塾・サービスは、以下の基準で選出しています。
類塾...追求心を喚起する学科の充実度No.1(参照元:「類塾コース」https://juku.rui.ne.jp/courseinfo)
馬渕教室...難関校の合格実績No.1(参照元:「馬渕教室2020年公立高校合格実績」https://www.willway.ne.jp/group_results/k_osaka.html)
中学生向け通信教育の満足度No.1(参照元:「イード・アワード2019通信教育」https://www.iid.co.jp/news/press/2019/111901.html)