大阪の高校受験を控える親子のための進学塾・学習塾選びガイド » 大阪で高校受験を合格を目指す親子へ!塾の選び方解説

公開日:|最終更新日時:

大阪で高校受験を合格を目指す親子へ!塾の選び方解説

このカテゴリでは、真剣に高校受験を目指している方へ、どのような点に注意して塾を選ぶべきかまとめています。

POINT1 授業の料金

高校受験のため、大半のお子さんが通う塾の費用相場は私立と公立で違います。それぞれの、塾にかける費用相場をまとめているので参考にしてください。

また、最近では年収に応じて授業料を変えたり、兄弟姉妹の入学割引などのサービスを導入しているところもあるので必見です。

POINT2 授業スタイル・指導法

塾によって大きく異なる指導法や授業スタイル。大まかに分けて授業のスタイルは、大人数が集まる教室での講義・10名以下の少人数指導、1対1の個別指導があります。また、指導法もひたすら受験校の傾向に合わせて問題に慣れるようトレーニングを積む指導法や、学校の授業を補完する形で、理解できない場所をなくしていく指導法などがあります。どれが正解ではなく、子どもの性格や苦手・得意教科かどうか、受験校の特徴などにあった授業スタイル・指導法を実践している塾を選ぶようにしましょう。

POINT3 サポート体制

ただ単に、子どもに勉強を教えるだけでなく、統一模試やweb講義の受講、手厚い個別のカウンセラーなど塾によってサポート体制も様々。最近では、子どもの安全性を考えて、送迎サービスをしてくれるところや、不登校の子どもをサポートできるカウンセラーのいる塾なんてものも登場しています。

サポートの充実度を見たい場合には、面談やヒアリングを実施し、子ども一人一人にどれだけ時間と手間をかけて指導する体制が作られているかを確認してみるといいでしょう。その他、知っておきたいサポート体制のチェック項目について詳しく解説します。

POINT4 施設・設備などの環境

最近は、受験生のために居心地の良い空間を目指すべく、綺麗なロビーや休憩室など設備を充実させている塾も少なくありません。

ただし、受験生にとって一番重要なのはやはり「教室」と「自習室」。教室と自習室が、生徒にどのような影響を与えるのでしょうか。

POINT5 塾の雰囲気(口コミ評判)

塾選びでつい気にしがちなのが、授業料金や合格実績などのリアルな数字かと思いますが、受験勉強をしていくうえで塾の雰囲気も重要になってきます。

生徒目線、保護者目線で塾の雰囲気で良かった部分を紹介。お子さんを通わせたくなる塾とは、どのような雰囲気なのでしょうか。

POINT6 本当に伸びるのは個別塾?集団塾?

塾に通わせる際に迷ってしまうのが、個別塾にするか集団塾にするのか。それぞれメリットがあり、一概にどちらが良いとはいえません。ここでは、子どものタイプ別にどちらの学習塾が合っているかをご紹介。体験談も載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

POINT7 他のご家庭の決め手を調べました。

子どもの高校受験など進路・教育に関わる話は、「我が家はこう思うけれど、他の家庭はどうしているの?」と他の家の事情が気になるところです。保護者の視点で塾選びの決め手となったのは、どんなポイントだったのでしょうか?「講師との相性」や「子どもの希望」「宿題の量」「クラブや部活動の両立の可否」など気になるポイントはたくさん!先輩保護者たちの塾選びの実情を、体験談をもとにご紹介します。塾選びで失敗しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

夏休み、冬休みを制するものは受験に勝つ!!

人生で初めての高校受験に臨む中学生を持つ親にとって、夏期・冬期講習に通わせるかどうかは、悩むポイントですね。ここでは夏期・冬期講習のメリットほか、個別指導塾と集団指導塾における授業スタイルの違いや、料金の目安などを解説しています。

個別塾と家庭教師の違い

個別塾と家庭教師は、似ているようで違う特徴を持っています。例えば個別塾の多くは、完全マンツーマン指導は行っておらず、1人の講師が2~3人の生徒を同時に教える形になっていますが、家庭教師はマンツーマンです。個別塾は、同じく勉強するために塾通いをしている生徒たちと出会うことができ、モチベーションを高め合える可能性がある一方で、家庭教師の場合は、他の生徒に気を使うことなく、自分のペースで勉強に集中しやすいと言えるでしょう。

重要なのは、どちらかが良い、悪いではなく、それぞれの特徴を知ったうえでお子さんに合ったほうを選ぶということ。ここでは、個別塾と家庭教師それぞれの特徴をご紹介します。

塾はいつから通うべき?

高校受験に向けた塾通いを始めるタイミングに正解というものはありません。とはいえ、絶対評価ではなく、他人と比べた相対評価で合否が決まる受験ですから、対策は早めに始めた方がいいに越したことはありません。

希望する進学先のレベルが高ければ高いほど、準備を早々に始めるライバルも多くなりますから、親としては「時すでに遅し」となる前に塾に通わせたいところ。一般的な受験対策は中2くらいから始めることが多いようですが、子どものクラブ活動などとのバランスも見て決めるのがベター。塾の役割やメリットと、各学年の特徴を踏まえて、塾通いスタートのタイミングを考えてみましょう。

通学と通信教育ではどちらが効果的?

通学のメリットは、なんと言っても強制力が強い点。通学の場合通うという手間はある一方で、授業を聞くという環境に身を置くことで、強制的に学習が進んでいきます。通信教育のメリットは、とことん自分のペースで勉強を薦められること。場合によっては、通学で学習を進めるよりも、はるかに早く習得を薦められる可能性もあります。ここでは通学や通信教育のメリットとデメリットを詳しく比較検討します。

大手塾のメリットとデメリットを紹介

大手塾と個人塾のメリット・デメリットを比較紹介。コース・カリキュラムや学習データ、講師など、大手塾の特徴と、対応力や授業料、設備環境といった個人塾の特徴を比較しながら、分かりやすく解説しています。「一体どんな塾に通わせることが効果的なのか。」という疑問を持つ方は、ぜひ参考にされてください。

大阪の高校受験模試とその選び方

大阪の学習塾では様々な高校受験模試が実施されていますが、その内容や返却される回答例はそれぞれ異なっており、出題傾向の予測精度や合否の精度も学習塾によって違います。そのため、高校受験模試を選ぶ際には、模試の質と受験者数を把握して、受ける価値のある模試を選択することが大切です。高校受験模試の質の高さは学習塾の質と比例するため、塾を選ぶときには模試の質の高さも重視しましょう。

塾に通い始めるタイミング

中学生が塾に通い始めるタイミングを調査しました。「中学校に入学したとき」「新学年に上がるとき」「中学校3年生になるとき」「部活が終了したとき」「成績が下がったとき」「子どものモチベーションが上がったとき」それぞれのタイミングと、その理由について解説しています。塾に通い始めるタイミングは人それぞれですが、大切なのは、お子さんに合ったタイミングを見逃さないこと。お子さんをいつ入塾させようかで悩んでいる方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

公立?私立?志望校に合った塾選び

高校受験の第一志望を公立にするのか、私立にするのかによって塾選びも変わってきます。というのも、高率入試では5教科の学科試験と内申点をもとに合否が決められるため、中学校生活全般と総合的な学力が試されます。一方で、私立入試では私立校の多くが内申点を加味せず、入試の成績のみで合否を決めています。また、入学試験内容も、学校によって範囲や傾向、レベルも大きく異なります。第一志望に私立高校を考えているなら、その学校の入試傾向に合わせて対策する必要があるのです。私立高受験に強い進学塾なら、入試試験問題の分析などもしっかりされていることが多く、より効率的に受験対策ができます。

進学塾のメリット!学習塾とはここが違う

学習塾ではなく、進学塾にしたほうがいいのでは?とお悩みの方に、進学塾のメリットを紹介。 入塾テストや受験情報・ノウハウがあること、教材や教師、コース・カリキュラムについてなど、気になるポイントを解説していますので、ぜひ参考にされてください。

塾と予備校の違いとは?

塾と予備校、どちらも志望校に合格することを目指して通学するという目的が同じであっても、提供しているサービスは詳しくみると異なる部分があります。高校入試に備えて、塾と予備校のどちらを選ぶべきか迷っている人は、それぞれの特徴を把握しておくことが大切。ここでは例として、高校入試を対象とした某塾と某予備校で比較説明していきます。

授業スタイル・指導法の比較

  • 授業(講師と生徒が対話をしながら授業を進める)
  • 集団or個別
  • 学校の補習など、基礎学力から学習できる

予備校

  • 講義(講師の説明が基本)
  • 各教科を専任の講師が指導
  • 1クラスの人数が多め
  • 徹底した受験対策として基礎よりも専門性の高い内容がメイン。

サポート体制の比較

  • 講師が授業から進路相談までを担当

予備校

  • 講義と進路相談は別のスタッフで行う

施設・設備などの環境の比較

  • 自習スペース

予備校

  • 自習スペース

どんな生徒に合っているか

  • 基礎からしっかり学びたい
  • 課題を与えられないと学習できない
  • 理解するまで何度も教えて欲しい

予備校

  • ある程度自分で勉強ができる
  • 理解力が高い

塾と予備校の大きな違い

塾と予備校が最も違う部分は指導対象者です。予備校は主に大学入試を目指した高校生や浪人生を対象としています。そのため、授業スタイルも講義形式で、塾のように会話のキャッチボールをしながら授業を進めていくというよりも、講師の説明を聞くのが基本で、質問で指されることは少なくなっています。

また、進路指導などサポート面についても、塾の場合は、授業を指導している講師が進路指導まで行うことが多くなっています。そのため、生徒一人ひとりの特徴をしっかりと把握し、その子の学力傾向にあった入試を行う学校や、性格にあった学校を薦めてもらうことができます。どの日にどの学校を受験するといった受験パターンもについても、一緒に考えてくれることが多くなっています。

一方予備校の場合は、講義を行う講師とは別に、担任と呼ばれるスタッフによって進路相談を行うスタイルが多くなっています。対象が高校生や浪人生というだけあり、ある程度自分で進路を考えることが求められるため、塾のように手厚い進路指導は期待できない場合があります。

高校入試対策としては塾が向いている

塾と予備校についておおまかに比較をしてきましたが、予備校が大学入試を目指す高校生や浪人生をターゲットとしていることが多いことからみると、高校入試対策としては塾の方が向いているといえそうです。予備校では、自主的に自分で学習を進めていく力や、基礎学力よりも入試に向けた応用や専門性の高い内容を学習する傾向にあります。

基礎学力からしっかりと勉強し、理解できるまで講師にしっかりと指導してもらいたい人、課題や宿題をしっかりやっているか管理をしてもらいたい場合は学習塾の方が向いているといえそうです。特に、塾のなかでも個別指導を選択する場合は、生徒一人ひとりの学力に合わせた指導を行っているため、基礎から集中して学習したい人におすすめです。

中にはそれぞれの特性を生かして、学習塾と予備校を併用しているケースもあるようです。塾と予備校、それぞれの授業スタイルや指導法といった特徴をしっかりと把握したうえで、うまくそれぞれを活用して高校入試に備えていきましょう。

学習スタイルで選ぶ!

高校受験を目指せる
学習塾・サービス3選

追求心と思考力を高め効率的に成果を出す

類塾

類塾_img

引用元:類塾
https://juku.rui.ne.jp/

  • 集中特訓で効率的に成績アップ
  • グループ追及で自己学習がぐんぐん進む
  • 答えのない問題の考え方で小論文力向上

類塾生の定期テスト結果を見る

Z会の通信教育_img

引用元:Z会の通信教育
https://www.zkai.co.jp/jr/

  • 1回約30分と自分のペースで学べる
  • 精鋭講師陣によるハイレベルな授業
  • 5講座セットで11,430円から

Z会の通信教育のカリキュラムを
公式サイトで見る

各スタイル別でおすすめする学習塾・サービスは、以下の基準で選出しています。
類塾...追求心を喚起する学科の充実度No.1(参照元:「類塾コース」https://juku.rui.ne.jp/courseinfo)
馬渕教室...難関校の合格実績No.1(参照元:「馬渕教室2020年公立高校合格実績」https://www.willway.ne.jp/group_results/k_osaka.html)
中学生向け通信教育の満足度No.1(参照元:「イード・アワード2019通信教育」https://www.iid.co.jp/news/press/2019/111901.html)