公開日: |最終更新日時:

受験勉強がつらい・疲れた

中学三年生になると生徒たちは高校入試に向けて受験勉強に取り組むものの、生徒の中には受験勉強がつらくなり集中できなくなる生徒や、勉強に疲れて受験勉強が嫌になる生徒が出てきます。このような生徒たちが受験勉強に集中して取り組むことができるために、どのような効果的な方策があるのでしょうか。

ここでは、受験勉強がつらく感じる生徒やすぐに勉強に疲れる中学生に対する対策について解説していきます。

受験勉強に疲れた・勉強がつらいと感じる原因と対策

勉強に集中して取り組むことができない場合、何らかの原因があるのが一般的です。受験勉強に疲れたり勉強がつらく感じる原因としては、以下のものが考えられます。

  • 勉強の内容が分からない
  • 目標となる高校が決まっていない
  • 通っている塾が合わない
  • 私生活に悩みがある

それぞれ具体的に解説します。

勉強の内容が分からない

受験勉強がつらく感じる最大の原因は、勉強の内容が分からずなかなか先に進むことができない点があげられます。基本を確立していない状態で勉強を進めても、分からない場面が多く出てくるとやる気を失うことにもなりかねません。

受験勉強を行う際は、まずは自分の苦手な箇所や分からない分野を把握することが大切です。むやみに勉強を進めるのではなく、自分の学力を把握した上で基本的な知識から積み重ねていく必要があるでしょう。

目標となる高校が決まっていない

行きたい高校がなくただ漠然と受験勉強を行なっていでも、勉強そのものがつらく感じる場合や勉強してもすぐ疲れて頑張りが続かないケースが頻繁に見られます。受験勉強に取り組むにあたり、目標となる高校の設定は非常に重要になります。まずは今の自分の実力を把握した上で、実力より少し高いレベルの高校を目標に設定して勉強に取り組むことをおすすめします。

通っている塾が合わない

現在通っている塾が自分とは合わない場合、塾に通うことが心理的に負担となり受験勉強がつらいと感じるケースもあります。

受験期における塾の存在は重要です。通っている塾が合わないと感じるのであれば、思い切って塾を変えることも検討すると良いでしょう。生徒の特性を考慮した上で、より適切な塾を選択することが大切です。

私生活に悩みがある

中学生の中には、友人関係や部活、家庭問題など様々な問題を抱えている生徒もいます。私生活上の悩みは受験勉強に影響することが多いことから、可能な限り悩みを解決することが求められます。

生徒が自分で解決できない場合には、周囲に相談することも必要です。家族や担任教師などの周囲の大人が一体となり、受験勉強に集中して取り組める環境づくりが大切になるでしょう。

学習スタイルで選ぶ!

高校受験を目指せる
学習塾・サービス3選

追求心と思考力を高め効率的に成果を出す

類塾

類塾_img

引用元:類塾
https://juku.rui.ne.jp/

  • 集中特訓で効率的に成績アップ
  • グループ追及で自己学習がぐんぐん進む
  • 答えのない問題の考え方で小論文力向上

類塾生の定期テスト結果を見る

Z会の通信教育_img

引用元:Z会の通信教育
https://www.zkai.co.jp/jr/

  • 1回約30分と自分のペースで学べる
  • 精鋭講師陣によるハイレベルな授業
  • 5講座セットで11,430円から

Z会の通信教育のカリキュラムを
公式サイトで見る

各スタイル別でおすすめする学習塾・サービスは、以下の基準で選出しています。
類塾...追求心を喚起する学科の充実度No.1(参照元:「類塾コース」https://juku.rui.ne.jp/courseinfo)
馬渕教室...難関校の合格実績No.1(参照元:「馬渕教室2020年公立高校合格実績」https://www.willway.ne.jp/group_results/k_osaka.html)
中学生向け通信教育の満足度No.1(参照元:「イード・アワード2019通信教育」https://www.iid.co.jp/news/press/2019/111901.html)