勉強の仕方が分からない

勉強する意欲はあるけれども、あまり勉強習慣がなくそもそも勉強の仕方が分からない生徒は決して少なくありません。成績を伸ばすためには、正しい勉強の仕方を学ぶことは非常に重要になるでしょう。

しかしながら、学校では勉強内容に対して重点的にフォーカスがあてられる一方で、勉強の仕方自体を丁寧に教える時間はそれほど多くありません。勉強についていけない生徒達は、勉強の仕方をどのようにして身につけたら良いのでしょうか。

ここでは、勉強の仕方が分からない生徒に対する効果的な対応法について解説します。

勉強の仕方が分からない原因と対策

まず、勉強の仕方が分からない生徒が勉強の仕方を身につけるためには、勉強の仕方に詳しい人から適切な方法を教えてもらう必要があります。先述した通り、学校では勉強の仕方についての指導はあまり期待できないことから、学校外で学ぶ機会を探す必要があるでしょう。学校外で勉強の仕方を学ぶためには、具体的には以下の手段が考えられます。

  • 家庭
  • 学習塾
  • 家庭教師

以下、それぞれの中身について解説します。

家庭

各家庭において、親や年上の兄弟から勉強の仕方に学ぶ方法があります。しかしこの方法は全ての家庭に当てはまるとはいえず、教育熱心な家庭やすでに勉強方法を確立した兄弟がいる家庭に限られます。

さらに現在は核家族化が進んでおり、片親の家庭や兄弟がいない家庭など家庭によって差が生じることから、大きな効果を期待することは難しいと言えるでしょう。

学習塾

学習塾であれば、勉強の仕方を学ぶ機会を提供してもらえることが期待できます。指導のプロフェッショナルとも言える講師であれば、生徒の実力に応じた学び方を適切に指導できるでしょう。

しかし学習塾によってはそのようなノウハウが確立しておらず、勉強の仕方をまともに教えてもらえないケースもあるので注意が必要です。生徒のために親身になり、丁寧に指導してくれる学習塾を選ぶことをおすすめします。

家庭教師

家庭教師であればマンツーマンで指導してもらえることから、生徒の状況にあった指導をしてもらえる可能性は高まります。家庭教師も大勢の生徒でなく目の前の生徒に合わせた指導をできるため、熱心な教師であれば生徒が分かるまで根気よく指導してくれるでしょう。

ただ、家庭教師は学習塾よりも料金が高くなる傾向があるので注意が必要です。生徒との相性が悪ければ学習効果が期待できなくなるリスクもあるため、家庭教師を選ぶ際は慎重に行うことをおすすめします。