関西創価高等学校

英語教育がとりわけ特徴的な関西創価高等学校。同校は文部科学省により「スーパーグローバルハイスクール」校指定を受けており、2017年には同指定校として最高評価を受けたこともあります。そんな同校の偏差値や口コミなどをご紹介しています。

英語教育のための取り組みが特徴的な関西創価高校

関西創価高校の学校概要

1971年の創立以来、「良識・健康・希望」を教育上の理念として掲げ、「健康な英才主義」「人間性豊かな実力主義」を軸にした学びを大切にしている関西創価学園。近年、次世代型の教育方法として注目を集めているアクティブラーニングの導入や、生徒全員にタブレットを貸与し、授業・自習・プレゼンテーションなどに役立てる ICT(情報通信技術)教育など、ユニークな制度を多く行っています。また、文部科学省から「スーパーグローバルハイスクール」として指定されており、また、2017年には同指定校として最高評価を受けるなど、同校の英語教育への取り組みは広く評価をされています。

同校の卒業生の一定数は東京都の創価大学へと進学しますが、一方で、京都大学、旧帝大、一橋大学や東京工業大学といった難関国公立大学や、関西大学、関西学園大学、立命館大学、同志社大学などの難関私立大学への進学者も、同校は多く輩出しています。

他方で、同校は文系、体育会系を問わず、部活動も盛んに行われています。とりわけ、囲碁部、鼓笛隊部、箏曲部、ダンス部、ディベート部は、2019年度に全国レベルの大会に出場しました。また、野球部は初の選抜高等学校野球大会でベスト4になった経歴があります(2001年)。部活動のための設備も同校は非常に充実しており、66,000平米の総合グラウンド、硬式野球用グラウンド、柔剣道場といった施設を学校敷地内に擁しています。

関西創価高校の偏差値

  • 68

参照元:みんなの高校情報(https://www.minkou.jp/hischool/ranking/deviation/pref=osaka/c=3/)※2020年11月15日確認時点

関西創価高校の口コミ

ふきだしこれより素晴らしい学校はないと思っています!関西創価高校は英語が特に強いです。また、先生と生徒との関係性が良いため、校内の雰囲気もよく、いじめなどは見たことも聞いたこともありません。部活動については、まず、種類がとても豊富です。全国に行く部活も多い方だとおもいます。とくに、最近は駅伝が強いです。それから、野球も推薦をとっています。進学実績も良いです。医学部への進学者も毎年輩出しています。そしてまた、関西創価高校は設備面でもとても充実しています。グラウンドの数はとてもおおいですし、図書館の蔵書数もとても多いです。この学校に来て良かったです。(在校生)

ふきだし関西創価高校には、勉強に集中したいときには、しっかりと集中して勉強することができる環境があります。先生方も親身に寄り添ってくれますし、生徒の進路希望に合わせて授業が進んでいきます。校則は、他校と比べると多少厳しいかもしれませんが、でも、毎日勉強に集中できていいと思います。(中略)お互いがお互いを思い合って日々行動しています。全国大会に出場している部活動もおおく、野球推薦や陸上推薦も取っていて力を入れています。(卒業生)

ふきだしすべての行事は学生が主体となって行われています。部活動も全国レベルで活躍しています。英語教育にとても力を入れていて毎年海外の大学に数十人進学しているのが印象的です。校風も、先生方の生徒に対する信頼の置き方がすごくいいと感じています。また、生徒が自覚を持って校則を守っているような雰囲気があるのも、爽やかで良いと思います。いじめなども聞いたことがありません。何かあった時の学校側の対応は素早く、とても心強く信頼がおけます。関西創価高校の卒業生は、一定数が系列大学に進学するようですが、全国の有名大学、海外の一流大学への進学者も多くいます。(保護者)

関西創価高等学校の合格体験記

私は、塾での授業を通じて、受験勉強を行いました。塾での勉強は学校での勉強とは違っていたので、毎日刺激的でした。最初は不安ばかりだったのですが、次第に慣れてきて、友達も増えてきて、塾に通うのが楽しくなってきました。次第に競争心も出てきて、頑張ることができました。ケアレスミスも減り、成績も少しづつ上がってきました。受験を通じて、「わたしはこんなに一生懸命になれるんだ」ということに気がつくことが出来ました。

関西創価高等学校のアクセス

【住所】
576-0063 大阪府交野市寺3-20-1

【電話番号】
072-891-0011

【交通アクセス】
学研都市線 河内磐船駅 (徒歩19分)