類塾での冬期講習|夏休み期間中の学力アップ!

類塾の冬季講習の特徴・ポイントをはじめ、費用、評判・口コミをまとめて解説します。

【類塾】冬期講習の講習期間

期間要問合せ
対象幼児、小学校1~6年生、中学校1~3年生
開催教室我孫子教室、阿武野教室、池田駅前教室、石橋教室、茨木阪急教室、小野原教室、交野教室、上新庄教室、河内長野教室、河内松原教室、京橋駅前教室、樟葉教室、香里園駅前教室、香里ヶ丘教室、小阪駅前教室、新大阪教室、他大阪府内全59教室

【類塾】冬期講習の講習の特徴、おすすめポイント

「グループ追求」で鍛えられた講師陣が徹底指導

類塾の冬期講習では、「グループ追求型」の授業を行っています。講師陣が集まってグループ追求をすることで、学習に対する意欲を高める方法などを日々追求しているため、常に授業内容と指導を高度化させることに成功しています。

定期的に生徒から授業アンケートを取ることで、生徒が求めている授業内容を把握し、それに対する適切な指導法をグループ追求。さらに、授業モニターで講師間が授業を評価し合うことで、授業の密度をより高めていっています。

定期的な生徒相談・保護者相談で家庭学習もサポート

生徒の学習意欲を高めるために、類塾では「生徒相談」「保護者相談」を徹底的に行なっています。学習意欲を低下させないためには、生徒の考えていることや周辺の環境、学校生活、友人関係なども知る必要があると考えているからです。

生徒相談で生徒のことを徹底的に知り、保護者相談で家庭での学習面をサポートする。子どもたちが、いつ、どこででも集中して学習に取り組めるような環境を作るために、講師が徹底的にサポートを行っています。

仲間と一緒に頑張れる環境があるから、諦めない

類塾の自習室は非常に独特で、円形のテーブルに生徒たちが着席して、他の生徒と一緒に学習を行えます。冬期講習を受講している他の仲間と一緒に学習をすることで、子どもの学習意欲を高めることができるでしょう。

自習室はガラス張りで明るい空間なので、閉塞的になりがちな一般的な塾とは雰囲気が全く異なります。学習に行き詰まったときでも開放的な空間で気分転換でき、学習している仲間を見ることで意欲低下を防ぎます。

【類塾】冬期講習の講習内容(科目)と費用

要問合せ

【類塾】冬期講習の口コミ

  • 探究科という講座がとても興味深かったです。グループになって政治や経済についてディスカッションする内容で、普段なら特に考えないことを深く考えることができました。探究科のおかげで、学習意欲も高まりました。
  • 類塾は教室がとても綺麗で明るい雰囲気です。教室の中にものがあまりないため、気が散ることもなく、しっかりと学習に集中することができます。また、先生もとても優しく温和な方ばかりなので、塾に行くのが楽しくなります。
  • 冬期講習ではスケジュール的に受講できない授業もあったのですが、他のクラスで振り替えてもらうことができるので、受講できる授業数が減ることはありません。先生がとても話しやすいので、すぐに質問できる雰囲気です。

学習スタイルで選ぶ!
大阪の学習塾・サービス3選

まとめ

類塾は開放的で活気のあるところが特徴ですが、その特徴は冬期講習にもしっかりと引き継がれているようです。ディスカッションができる探求科の評判も良く、政治・経済についての討論は小論文対策として役立つでしょう。

同じ様に冬期講習を受講している他の生徒との触れ合いも多く、学習意欲を保ったまま冬期講習を終えられそうです。

学習スタイルで選ぶ!

高校受験を目指せる
学習塾・サービス3選

追求心と思考力を高め効率的に成果を出す

類塾

類塾_img

引用元:類塾
https://juku.rui.ne.jp/

  • 集中特訓で効率的に成績アップ
  • グループ追及で自己学習がぐんぐん進む
  • 答えのない問題の考え方で小論文力向上

類塾生の定期テスト結果を見る

Z会の通信教育_img

引用元:Z会の通信教育
https://www.zkai.co.jp/jr/

  • 1回約30分と自分のペースで学べる
  • 精鋭講師陣によるハイレベルな授業
  • 5講座セットで9,970円から

Z会の通信教育のカリキュラムを
公式サイトで見る

各スタイル別でおすすめする学習塾・サービスは、以下の基準で選出しています。
類塾...追求心を喚起する学科の充実度No.1(参照元:「類塾コース」https://juku.rui.ne.jp/courseinfo)
馬渕教室...難関校の合格実績No.1(参照元:「馬渕教室2020年公立高校合格実績」https://www.willway.ne.jp/group_results/k_osaka.html)
中学生向け通信教育の満足度No.1(参照元:「イード・アワード2019通信教育」https://www.iid.co.jp/news/press/2019/111901.html)