寝屋川高校

歴史と伝統があり、地域に愛されている寝屋川高校について、偏差値や口コミなどをご紹介しています。

高い進学実績を誇り、豊かな人間性を育む寝屋川高校

寝屋川高校の学校概要

令和2年で創立110周年を迎える寝屋川高校は、校訓として「真善美」を、教育方針として「鍛える」「見守る」「高める」を掲げています。生徒一人ひとりに寄り添い、信頼される学校として、地域で愛される学校として成長してきました。

特色のある授業や活発な部活動、多様な体験学習によって熱意と創意のある豊かな人間力を育むことができる学校です。

枚方市長である伏見隆氏をはじめ、お笑い芸人のハイヒールリンゴさんや社会人野球選手の沢田誠氏など多方面に活躍している著名人を輩出してきました。

多様な進路実現を目指すカリキュラム

寝屋川高校では、前期・後期の二期制を導入し、週33単位を配したカリキュラムを組んでいます。一回の授業を65分で、量、質ともに密度の高い指導を行っています。

英語、理数に関して発展的、応用的な学習を行うGC、GSコースを、2年次から選択することが可能です。

特色ある授業

論理的思考力や、想像力、表現力を育む授業として、グループ・ワークや、ディベート・プレゼンテーションなど言語活動を鍛えることで、コミュニケーション能力を高めているのも寝屋川高校の特徴です。全教室にプロジェクターを設置し、ICTを活用した授業も積極的に行っています。

多様な体験学習

寝屋川高校では、グローバル化が進む未来を生き抜く力を身につけてほしいと考え、国際交流学習を特に重視しています。国際交流学習は異文化に触れたり他者との違いを学習することで、自らとの違いを認めることができる感性を育てていくことができ、日本文化の理解を深められる教育です。

また実際に希望者を募って台湾へ研修にいき、現地の学生と交流することで、国際感覚を肌で感じる機会を作っています。海外からの留学生も積極的に受け入れ、異文化交流の間口を広げています。

また、全教室に「寝屋川高校の100冊」を設置し、「読書感想文コンクール」や「1000ページマラソン」などを実施しています。読書活動のきっかけを作り、推進しています。

寝屋川高校の偏差値

  • 66(普通)

参照元:みんなの高校情報(https://www.minkou.jp/hischool/ranking/deviation/pref=osaka/c=3/)※2020年11月15日確認時点

寝屋川高校の口コミ

ふきだし子供はとても楽しんで通っています。2年から文理に分かれますが、混合クラスもありますし、難関大学を志望している生徒だけのクラスもあります。校則も比較的緩めなので、カバンや靴下、上着などが自由で、個性的な髪形の生徒もいます。(保護者)

ふきだし人間関係などがとても落ち着いています。。勉強する人はするし、しない人はしない、という基本的に自由で過ごしやすい学校だと感じています。定時制があるので、部活動が18時までしかできませんが、熱心に活動していると思います。(在校生)

ふきだし関関同立を狙うならちょうどいい高校だと思いました。ただ、自主的に勉強をやるなどメリハリをつけないと成績が落ちていきます。周りのやる気のなさや、部活などに流されない意志がないとモチベーションがあがらないです。(卒業生)

寝屋川高校の合格体験記

数学が苦手だったけど、塾の先生に過去問をやりこんでみろとアドバイスを受け、少しずつ解けるようにしていきました。季節講習以外の日でも、朝から塾を開けてもらって感謝しています。合格発表前は、受験のときより緊張しましたが、自分の番号を見つけたときは世界が開けた気がしました。 (寝屋川市立友呂岐中学校出身)

中一のときは勉強が苦手で、絶対に行けないと思っていたので、公開テストで400点を超えたときに本気で寝屋川高校に行きたいと思いました。メンタルが弱く、すぐにマイナス思考に陥ってしまう性格だったので、何度も先生に相談して乗り切りました。先生にも「志望校は絶対に下げるな」と言われて頑張りました。(寝屋川市立第六中学校出身)

合格したときは、解放感と達成感でいっぱいになりました。五ツ木や過去問で点数がのびるにつれて、勉強のやり方がわかっていき、やりがいを感じました。大学に向けても頑張ります。(寝屋川市立友呂岐中学校出身)

寝屋川高校のアクセス

【住所】
〒572-0832 大阪府寝屋川市本町15-64

【電話番号】
072-821-0546

【交通アクセス】
京阪電車「寝屋川市駅」下車 東へ500m