学校に行きたくない

学校に行かずに不登校となり、自宅で過ごす中学生の数は年々増加傾向にあります。不登校になる生徒が抱える事情は様々であり家庭環境も異なることから、対応は決して簡単ではありません。

学校に行きたくない生徒に対してはどのように接したら良いのでしょうか。中学生が不登校になる原因と、それぞれの原因に応じた対策について紹介します。

学校に行きたくないと感じる原因と対策

中学生が学校に行きなくないと感じて不登校になる原因は、大きく以下の3つがあげられます。

  • 勉強についていけない
  • 人間関係に悩みがある
  • 甘えや怠け癖がある

ここでは、それぞれの原因と原因に応じた対応策について解説します。

勉強についていけない

普段の授業の内容が分からず勉強についていけない場合、授業自体が苦痛に感じてしまい学校に行きたくなくなることが考えられます。

もちろん十分な勉強をしない生徒にも問題はあるかもしれません。しかし、生徒が勉強についていけない原因は、教師の指導方法や指導能力に問題があるケースもあるでしょう。

勉強についていけない生徒に対しては、塾に通わせたり家庭教師をつけたりして、学校での勉強を補完することが必要です。生徒の現在の実力を正確に把握した上で、適切なサポートを用意することが大切なポイントになるでしょう。

人間関係に悩みがある

いじめや友人同士の喧嘩、部活の先輩とのいざこざなど、中学校生活では様々な人間関係のトラブルが生じる可能性があります。

まずは生徒が抱えている人間関係のトラブルに対して、教師や親が逃げずに向き合うことが重要です。いじめなどは分かりにくい場合が多く生徒が声を上げにくいことから、周囲の生徒達から丁寧に話を聞き、状況を把握した上で対策を立てる必要があるでしょう。

甘えや怠け癖がある

特に明確な理由がなく学校に行きたがらない場合には、単に甘えや怠け癖が原因になっていることが考えられます。生徒の甘えや怠け癖に対しては、周囲の大人は毅然とした対応が求められます。本人と向き合い時間をかけて話し合いを行い、学校へと意識を向けさせる必要があるでしょう。

生徒が学校に行きたくないと感じる理由は、生徒の状況や性格、家庭環境などにより様々であり、1つにまとめることはできません。ひとりひとりの生徒と向き合い丁寧に原因を探り、原因に応じた対応を行うことが大切です。

学校に行きたくないと感じる原因を単に子供のせいにするのではなく、保護者や学校、教師が一丸となり生徒の心を汲む取り組みを行う必要があるでしょう。