大阪の公立高校の選び方

大阪の公立高校の選び方について解説しています。各高校の偏差値は、以下サイトを参照しています。参照元:みんなの高校情報 大阪(https://www.minkou.jp/hischool/exam/osaka/deviation/?c=2)※2020年11月確認時点

大阪有名高校の入試偏差値と特徴について

こちらのページでは、2019年度のデータに基づいた大阪の公立高等学校の入試偏差値をランキング形式でご紹介します。代表的な高校としては、天王寺高校や三国ヶ丘高校、北野高校や茨木高校、四條畷高校、大手前高校。近畿大学付属高校。交野高校、高津高校、桃山学院高校などがあります。現在、大阪の公立高等学校は全部で228校あり、全ての高校の偏差値を掲載しているので高校受験の参考にして下さい。

大阪の公立高校偏差値ランキング

大阪には、国立、府立、市立の全てを含めて、228校の公立高校が存在します。こちらでは、「大阪の難関高校」と呼ばれる茨木高校、北野高校をはじめ、全ての公立高校の偏差値をご紹介しています。高校によっては複数の学科が用意されている場合もあるので、偏差値を学科ごとにわけて掲載。大阪の公立高校を受験するときに、最も大切で参考になるポイントである偏差値を確認して、進学先選択の参考にして下さい。

大阪公立高校の過去問からみる試験の特徴

入試問題は都道府県によって特徴や出題傾向に差があります。大阪公立高校の入試を受ける前には過去問を分析し、大阪の出題傾向と特徴を探り対策をたてることが大切です。大阪の公立高校の入試難易度は比較的易しいと言われていますが、2017年度には英語の難易度が上昇しました。難易度がアップした英語を含めて、全ての科目を効率よく受験勉強ができるように、数年分の過去問を実際に解き、出題傾向と入試の特徴を把握しましょう。

公立高校受験で内申書は重要?

内申書は受験結果に大きく影響することから、試験前だけでなく普段の学習からしっかり取り組む必要があります。大阪の内申点の計算では中学校3年間の成績が採用されますが、算出された内申点の重要度は公立高校の偏差値によって変わります。偏差値が低い公立高校ほど学力試験よりも内申書を重視する傾向があります。また3年生から内申点を上げることもできるので、学校での学数も手を抜かず、内申書の評価を上げていきましょう。

共学と男女別学、どちらの公立高校が人気?

高校を選択する際の基準として、「共学」か「男女別学」かを重視する方もいるでしょう。しかし大阪の公立高校は共学の学校しかなく、男女別学の学校を希望する場合は私立高校へ進学することになります。共学にも男女別学にもそれぞれメリットやデメリットが存在します。まずはそれぞれの魅力を把握した上で、自分にとって最適な方を選択することをおすすめします。