東住吉高校

「二兎を獲る」をスローガンに掲げる東住吉高校について、偏差値や口コミなどを紹介していきます。

進路実現のためのサポートが整っている「東住吉高校」

東住吉高校の学校概要

芸能文化科を設置した学校です。「二兎を追うものは一兎をも得ず」ではなく「二兎を獲る」をキャッチコピーとしており、「学習活動や将来の進路の実現」と「部活動や学校行事」、どちらも全力でサポートしてくれるでしょう。生徒の自主性を尊重しつつ、教員と保護者がアシストできる体制を整えています。卒業時に心の底から「入学して良かった」と言えるような学校生活を過ごせるように全力で尽くしてくれますよ。

三位一体となって意思の統一

進路を実現するためには、生徒だけの力では難しいケースもあります。東住吉高校では生徒・学校・保護者が三位一体となって取り組むことを大切にしており、保護者への情報提供やコミュニケーションを的確にしてくれます。生徒の情報を共有することによって、三者が意思の統一を図ることができ、進路をどのようにするのか、進学先をどうするのかなど細かな点まで話合える環境が整うでしょう。さらに教員と進路指導部とも綿密に連絡や確認会を実施。生徒一人ひとりに対してしっかり把握したうえで指導を行います。的確な指導を行うためには、教員自身の自発的な学習が必要不可欠であり、それをサポートする分析会をはじめ討論会などの機会を設けるようにしているようです。

進学講習や模試などを定期的に実施

生徒の学力アップのために、さまざまな方法を提供。放課後の進学講習や夏期講習、冬期講習、春期講習、土日休日の講習などを実施しています。これらの授業は生徒一人ひとりの学力や学習状況を把握している教員が開講。優しくも厳しくもある講習会なので、例年数多くの生徒が講習会に参加しているようです。さらに全国でのレベルを把握するためにスタディーサポートや進研模試を学校の内部で行っている他、学校独自のテストもあるため、これらの結果を上手く取り入れながら生徒への指導に活用しています。

クリエイティブな芸能文化科が併設

大阪府より「スクールカラー・サポート事業」の対象校に指定されており、演劇や映像放送、伝統芸能の3つの領域を総合的に学ぶことができる学習環境が整っています。芸能のための実習棟があり、舞台や能舞台、歌舞伎舞台など用途に適した環境もあるため、よりリアルに近いかたちでの芸能を学ぶことができるでしょう。大学とも連携しており、より専門的に指導を受ける授業も。芸能文化科に在籍している多くの方が芸能のある大学に進学しており、卒業生の中には芸能分野の仕事に就いている方もいます。

東住吉高校の偏差値

  • 53~59(普通)

参照元:みんなの高校情報(https://www.minkou.jp/hischool/ranking/deviation/pref=osaka/c=3/)※2020年11月15日確認時点

東住吉高校の口コミ

ふきだし私の時代の話ですが、生徒はみんな優しい人ばかりでした。みんな仲も良くて、行事も和気あいあいとした雰囲気で取り組んでて良かったです。そんな雰囲気のある高校なので、卒業しても戻りたいねと言っている同級生が沢山います。ただ楽しい分、空気に飲まれてしまうと勉強がおろそかになる人も。自分を律しながら取り組めば、進学も十分難しくないと思います。とくにスクールカーストのような格差みたいなものは感じませんでした。私服も大丈夫なので、学年が上がるたびにオシャレになる方が多いです。ただ校舎は古めなのが残念。高校でしかできないことも経験でき、色々と入学したら楽しめると思いますよ。(卒業生)

ふきだしとにかく言えることは、この高校に入学できた良かったです。先生や友人など周囲の人が優しくて、変に意地悪をするような方はいません。校風もとても自由な感じで、基本的に色々なことが許されています。アットホームな温かみのある雰囲気があるので、残念ながら勉強をしなくなる人もいるので注意が必要です。でも何だかんだ皆協力的で、頑張っているし、先生方も応援してくれます。卒業してから、なおさら東住吉高校の魅力を実感しています。(卒業生)

ふきだし東住吉高校の一番の魅力は体育祭です。生徒の団結力は凄くて、間違いなく他校では味わえない雰囲気だと思います。体育祭を通して成長することもでき、仲間のすばらしさや先生や良心のありがたみなどを感じられる体育祭は、一生の思い出になりました。勉強も基本的に切り替えて真剣に取り組むので、テスト期間中になると自習室は生徒で満室です。勉強や部活、行事など一丸となって取り組んでいる学校です。(卒業生)

東住吉高校の合格体験記

評判がよかったのが志望動機のひとつ。塾でひたすら勉強すること、赤本や過去問をする対策を実施してましたね。基本的には家ではほとんどせず、オンとオフを切り替えるように心がけてました。

塾で参考書をもらったので、それを基本的に行い、あとは学校の教科書を用いて、どの科目も満遍なく勉強しました。絶対合格できると思っていたら、見事受かりました。元々数学は苦手だったのですが、たくさん勉強をしていたら、いつの間にか得意科目になっていました。

沢山の高校と比較した中で、一番自分のことを成長させてくれそうな校風に惹かれて志望校にしました。予習・復習を基本的に行い、赤本は擦り切れるほど繰り返し何度も行ったと思います。

本屋で見つけた参考書と問題集をずっと行っていました。朝早起きをしてから、問題を解くようにしており、勉強の習慣を身に付けるようにしていました。

東住吉高校のアクセス

【住所】
〒547-0033 大阪市平野区平野西2-3-77

【電話番号】
06-6702-3838

【交通アクセス】
近鉄南大阪線「針中野駅」より約900m