子どもが抱える進学の悩み事情

中学三年生になると、いよいよ子供達の多くは本格的に高校受験の勉強に取り組むことになります。学校や塾での先生たちの本気度合いも高くなり、授業の中身も密度の濃いものになっていくでしょう。しかしながら、全ての生徒達が本気になって受験勉強に向かうことができるとは限りません。生徒の中には、内面に様々な悩みを抱えて勉強に取り組むことができない子や、進学に対して過度に不安を抱いている子もいます。

学校や家庭をはじめとした周囲の大人達は、色んな事情を抱えている子供達がいることを十分に認識した上で、きめ細やかな学習指導を行うことが求められているのです。勉強に取り組むことができない生徒たちが抱える悩みの中身は様々です。子供が抱える主な悩みの原因を紹介します。

受験勉強がつらい

高校受験の過程において、中には受験勉強がつらくなり集中できなくなる生徒や、勉強に疲れて受験勉強が嫌になる生徒が出てきます。主な原因としては「勉強の内容が分からない」「目標となる高校が決まっていない」「通っている塾が合わない」「私生活に悩みがある」といったことが考えられます。生徒たちが受験勉強に集中して取り組むための対策を解説します。

勉強の意欲が湧かない

勉強しなければならないことは十分に分かっている。しかし、なかなか勉強意欲が湧かない、、、。そんな中学生は多くいます。「勉強の内容が分からない」「授業が面白くない」「教師の教え方が悪い」「学習環境が悪い」が、主な原因として考えられます。このような生徒に対して、親や教師はどのように対処すれば良いのでしょうか?

学校に行きたくない

子どもが不登校になってしまう原因は、「勉強についていけない」「人間関係に悩みがある」「甘えや怠け癖がある」などが考えられますが、事情は様々であり家庭環境も異なることから、対応は決して簡単ではありません。それぞれの原因に応じた対策について紹介します。

勉強の仕方が分からない

勉強する意欲がある一方で、勉強の仕方が分からず立ち止まってしまう生徒は少なくありません。成績を伸ばすためには、正しい勉強の仕方を学ぶことが重要。勉強についていけない生徒達は、勉強の仕方をどのようにして身につけたら良いのでしょうか?ここでは、勉強の仕方が分からない生徒に対する効果的な対応法について解説します。

優良な学習塾には、悩みを抱えている子供達と毎日真剣に向き合い、勉強や進学に対するアドバイスをしている大人が多数います。子供に対してどのように向き合えば良いのか悩んでいる親御様であれば、まずは真摯に学習指導を行なっている塾を探し、実際に話を聞いてみてはいかがでしょうか。