高校受験の成功がかかっている!塾選びの旅in大阪

高校受験の成功がかかっている!塾選びの旅in大阪

大阪の高校受験を控える親子のための進学塾・学習塾選びガイド » 大阪の公立高校の選び方 » 大阪では共学と男女別学、どちらの公立高校が人気?

大阪では共学と男女別学、どちらの公立高校が人気?

公立高校を選ぶときの基準として、「共学か男女別学か」という点が挙げられます。人によっては、共学と男女別学に強いこだわりを持っている場合もあるので、かなり重要なポイントとなるでしょう。

こちらのページでは、大阪の公立高校では共学と男女別学のどちらが人気なのか調べてご紹介します。

大阪の公立高校で人気なのは共学?男女別学?

大阪の公立高校では共学と男女別学のどちらが人気なのか、という点についてですが、実は大阪の公立高校には共学しか存在しません。

つまり、公立高校に通うということが決まった段階で、選択肢は共学しかないということです。

大阪で男女別学の公立高校に通いたいという生徒さん、通わせたいという保護者の方にとっては残念なことですが、共学の公立高校には様々なメリットがあります。

男子校や女子校などの男女別学にもそれぞれ良い点はありますが、次のようなメリットは共学でしか得られません。

思考や価値観の偏りがなくなる

女性には女性の思考と価値観があり、男性には男性の思考と価値観がありますが、共学の高校に通えば異なる性別のクラスメイトと触れ合うことができるため、性別特有の思考と価値観の偏りをなくすことができます。

同性としか触れ合っていない環境では、本人が気づかない内に考え方に偏りが現れてしまうものです。そのような環境で過ごしていた場合、社会に出て多くの異性と触れ合っていく中で、その偏りが障害となってしまう可能性をあります。

共学では偏りがちな思考や価値観を修正することができ、さらに、それぞれの考え方の良いところを取り込める可能性もあるでしょう。

男性・女性それぞれの特性を理解できる

男女別学の高校に通えば高校生活では同性しかいない環境ですが、社会に出たときには、当然異性のいる環境になることが多いでしょう。男女別学の環境に慣れてしまった場合、社会に出てから異性の考え方や特性を理解できないことがあります。

先に思考と価値観の偏りとしてご紹介しましたが、共学であれば日常的に性別による人間性の違いを理解する機会があるため、社会に出てから性差で困るということはありません。

共学という環境は、「性別によって異なる部分がある」ということを早めに理解するために、とても良い環境だと言えます。

コミュニケーション能力が養われる

一般論では、男子は女子と比較して精神的な成熟が遅く、コミュニケーション能力が低いと言われています。ただし、共学で女子と触れ合う機会が増えれば、コミュニケーション能力が磨かれる可能性があります。

さらに、コミュニケーション能力が高いと言われている女子も、男子という異性との接し方を学ぶことができるため、より一層コミュニケーション能力に磨きをかけられます。

社会で活躍できる人材になるためには、相手の性別に関わらず、スムーズにコミュニケーションが取れなければなりません。その必須の能力を身につけられるという点が、共学の最大のメリットとも言えるでしょう。

身だしなみや振る舞いに気を使うようになる

共学では男子と女子が一緒な環境にいるので、自然と「異性の目」が気になるようになります。そのため、外観や身だしなみに気を使うことも増え、男性らしさや女性らしさが磨かれていくことも一つのメリットです。

保護者の方の中には、「異性の目がない方が良い」と考える方もいるでしょう。ですが、異性のいない環境に身を置くと、だらしなさや不潔感があっても気にしないようになってしまいます。

異性がいることによって、「人から好かれる身だしなみ、振る舞い」を高校時代に身につけることができるようになります。それは、高校を卒業してからも一生必要となる能力です。

異性の友人が自然に作れる

共学の高校ではクラスメイトとして異性が存在しているため、同じ年代の異性の友人が簡単に作れます。また、その友人を通じて、他校の異性の友人ができる可能性もあるでしょう。

男女別学では異性と知り合う機会自体が少ないため、異性の友人ができることはほとんどありません。

このことは、男女別学の問題点である「思考や価値観の偏り」「コミュニケーション能力の低下」「振る舞いのだらしなさ」「性差による特性の不理解」などに繋がります。

大阪で男子校・女子校に通学したい場合は?

大阪で、男子校や女子校などの男女別学の高校に通いたいという場合、公立高校では共学しか存在しないため、私立高校に通うしか方法はありません。私立高校では男女別学制の学校も多いため選択肢は豊富です。

ただし、大阪には女子校はたくさんあるのですが、男子校はかなり数が限られています。さらに、文理科や理数科などの学科を設けている学校もありますが、工業系やスポーツ系の男子校もあるため、選択肢は更に狭まるでしょう。

その反面、女子校では特別進学コースなどの進学に特化した学科が多く、その他、看護科、保育科、美術系、音楽系など幅広い学科が用意されているので、大阪の男女別学は女子の方が有利だと言えるでしょう。

オススメの進学塾・学習塾2選
オススメの進学塾・学習塾2選
オススメの進学塾・学習塾2選
この記事の関連ページ