大阪の進学塾・学習塾選びガイド » 大阪の公立高校の選び方

大阪の公立高校の選び方

大阪の公立高校偏差値ランキング

大阪には、国立、府立、市立の全てを含めて、228校の公立高校が存在します。こちらでは、「大阪の難関高校」と呼ばれる茨木高校、北野高校をはじめ、全ての公立高校の偏差値をご紹介しています。高校によっては複数の学科が用意されている場合もあるので、偏差値を学科ごとにわけて掲載。大阪の公立高校を受験するときに、最も大切で参考になるポイントである偏差値を確認して、進学先選択の参考にして下さい。

 

大阪の公立高校偏差値ランキングについて詳しく見る>>

 

大阪公立高校の過去問からみる試験の特徴

入試問題は都道府県によって特徴や出題傾向に差があるため、大阪公立高校の入試を受ける前には過去問を見て、大阪の出題傾向と特徴を知っておくべきです。大阪の公立高校の入試難易度は比較的易しいと言われていますが、2017年度には英語の難易度が上昇しました。難易度がアップした英語を含めて、5教科全てで効率よく受験勉強ができるように、過去の出題傾向と入試の特徴を知っておきましょう。

 

大阪公立高校の過去問からみる試験の特徴について詳しく見る>>

 

公立高校受験で内申書は重要?

内申書は受験結果に関わってくるものですが、学力試験に対してどの程度の重要性を持っているのでしょうか。大阪の内申点の計算では中学校3年間の成績が採用されますが、算出された内申点の重要度は公立高校の偏差値によって変わります。偏差値が低い公立高校ほど学力試験よりも内申書を重視しますが、3年生から内申点を上げる方法もあるので、毎日の学校生活に取り入れて内申書の点数を上げましょう。

 

公立高校受験での内申書の重要性について詳しく見る>>

 

共学と男女別学、どちらの公立高校が人気?

公立高校を選択するときの基準として、「共学」か「男女別学」かという点が挙げられます。ですが、大阪の公立高校では共学の学校しかなく、男女別学の学校を希望する場合は私立高校に通うしか方法はありません。ですが、共学には男女別学にはない多くのメリットがあり、性別による思考の違いに対する理解を深める、コミュニケーション能力を養うなど、多くのことが学べる環境です。

 

共学と男女別学のどちらが人気か詳しく見る>>
オススメの進学塾・学習塾2選