大阪の進学塾・学習塾選びガイド » 大阪で高校受験を合格を目指す親子へ!塾の選び方解説 » POINT7 他のご家庭の決め手を調べました。

POINT7 他のご家庭の決め手を調べました。

ご家庭やお子さんのタイプによって、塾を選ぶ基準は変わってきます。そうはいっても、成績があがったお子さんを持つご家庭の塾の決め手って気になりますよね。このページでは皆さんの決め手を集めてみました。

保護者の決め手

保護者が塾を選ぶ際の「決め手」となったのは、一体どのような部分なのでしょうか。それぞれの保護者の決め手となった体験談をご紹介します。

保護者が入塾させる決め手

  • 体験授業の際につまずいている内容を克服していくスタイルが良いと思い、入塾させることを決意。先生の指導も的確だったので、安心できました。
  • 自習室があるところに入塾させました。塾の自習室は勉強する環境のため集中でき、わからないところがあれば講師にすぐに質問ができるので、子どもはとても満足そうです。
  • 教室の雰囲気が良く塾長が親身になって説明をしてくれたので、入塾させることに。個別指導ということもあり、わからない問題をすぐに質問できるのが息子には合っているようです。
  • しっかり自習室が完備されていたのが入塾させた決め手です。塾長と一緒に「計画表」を立てられたのも◎でした。

先生の熱意自分の子どもに合ったカリキュラムが、保護者の決め手となりそうですね。塾選びの際は、ぜひチェックしてみてください。

塾選びで失敗しない方法

ご両親にとって、塾選びはとても難しい問題のひとつでしょう。塾選びの失敗が、受験の失敗につながる恐れも十分に考えられます。ここでは、失敗しない塾選びの方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

失敗しない塾選びのポイント

子どもの目標に合っているか

お子さんの目標やレベルとズレがある塾を選んでしまうと長続きしない可能性があるので、注意が必要です。例えば、中堅の学校を目指しているお子さんが難関校を目指している塾に通うとします。目標が違うので「意識が低い」と、白い目で見られる対象になることも。その結果、塾を意欲的に続けられない可能性や無駄な劣等感を感じさせてしまう可能性があります。

講師との相性

講師との相性はとても大切です。講師と相性が悪いと、お子さんが勉強に集中できないことがあります。個別指導塾だと講師の変更はできますが、集団塾になるとそうもいきません。どうしても講師と相性が合わない場合は、別の塾へ変えることなる可能性があります。無料体験があるのであれば、一度通ってみて塾の雰囲気や先生の雰囲気をチェックするといいでしょう。

宿題の量

宿題が多すぎる塾は要注意。宿題が多すぎることでやる気がそがれるお子さんもいれば、逆に淡々と目の前のことをこなしたいお子さんは性にあう場合も。宿題があることで勉強するきっかけになりますが、お子さんに合った出し方でないとストレスを感じてしまうこともあります。

塾に通うのはお子さんなので、「通いたい」とお子さんが納得できる塾選びが大切になってきます。

オススメの進学塾・学習塾2選