高校受験の成功がかかっている!塾選びの旅in大阪

高校受験の成功がかかっている!塾選びの旅in大阪

大阪の高校受験を控える親子のための進学塾・学習塾選びガイド » 大阪で高校受験を合格を目指す親子へ!塾の選び方解説 » 通学と通信教育ではどちらが効果的?

通学と通信教育ではどちらが効果的?

大阪の高校受験を考えて学習塾を選ぶ際にはどのような点に着目すれば良いのでしょうか。学習形態には複数ありますがどのような選択をするのが学習者にとって最善なのか悩みどころです。ここでは、通学や通信教育のメリットとデメリットを比較検討して考えてみたいと思います。

通学のメリット・デメリット

授業のイメージ

通学のメリットはなんと言っても強制力が強い点にあります。通信教育では本人が自主的に勉強しようという意志を強く持って高校受験用の本や参考書に向かう必要がありますが、通学の場合通うという手間はあるものの授業を聞きながら嫌でも強制的に学習が進んでいきます。他の生徒もいるので競争心も芽生えます。またお互いに助け合いながら勉強しようという環境が生まれやすいというのも通う必要がある場合のメリットと言えるでしょう。周囲にいる学友と切磋琢磨しながら大阪の高校受験を意識して共同して勉強出来る環境というのは成長期にある子どもたちにとって大切なことです。

塾を含めて学校・塾というのは単に机上の学問を習得して高校受験を突破するためだけに存在するのではなく、将来社会人として協働してより良い社会を作り上げていくための場としての役割をも持ち合わせています。そのような場に通える環境というのは将来共同生活を送る子どもたちにとって重要なことだと言えるのではないでしょうか。わからないところは教員に質問すれば、その場か遅くても一週間もあれば疑問を解消するような返答を得られるでしょう。

しかし、デメリットも存在します。それは強制力があるだけに子どもたちの進捗状況や理解の程度に関係なく授業が進んでしまう可能性があるということです。ならんかの理由によって通えなかったとしても一部の子どもの為に高校受験用に授業の進行をやめて自主学習にして全員が通えるまで待つということは基本的にはありません。教員の多くはもちろん全員の進捗状況や理解の程度を勘案して高校受験に向けた授業を進めますが、完全に全員のことを把握してかつそれに完全に合わせて進めることは難しいのです。強制力を持って高校受験に向けた授業が進められる反面において、早いテンポで進む授業についていけない、逆に思っていたより授業の進み具合が遅いといったケースが考えられます。

通信教育のメリット・デメリット

パソコンで勉強中

通信教育のメリットは何と言っても、周囲の存在をあまり気にしないで自分のペースでやる気さえあればどんどん高校受験用の参考書や問題集を進められる点でしょう。場合によっては通学で学習を進めるよりはるかに早く習得して進めることが出来ます。

また、基本的に通学に比べると学費がかなり安価に抑えられます。通学でも学費が安いところ、逆に通信教育でも学費が高いというケースもありますが、ほとんど例外的です。学費の安さは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

反対にデメリットもあります。通信教育では本人の自主性に大きく依存しますので、本人がさぼろうと思えばいくらでもさぼれます。一年続けたものの一冊の参考書も読み終わらないといったケースや手すらつけないで一年以上経ってしまったというケースを頻繁に耳にします。

例えばこれは大阪の高校受験の話ではなく、大学における通信教育の話ですが、多くの通信教育課程での卒業率(修了率)は2割を切るという統計もあります。最難関の慶應や中央の通信の卒業率は1割を切るとも言われています。これは在学者の多くが社会人であって会社や家庭の仕事で忙しく勉強する時間がないという理由もあるでしょうが、自主的に勉強することの難しさも示していると言えるのではないでしょうか。

また、通学の項目でも述べましたが、基本的には一人で勉強を進めるので周囲の人と関わりがなく、友人が出来ない、友人・学友らと協働して助け合って勉強して大阪の高校受験に備えることが出来ないということもデメリットとして挙げられます。育ち盛りで感受性に優れた子どもたちに協働する力を育む場所がないということは将来的には本人にも周囲の人たちにとってもデメリットとなる可能性を秘めています。また、先生方とのやり取りは原則として口頭行うことがあまりなく、不明な点をそのまま不明な点として進めてしまい、消化不良となってしまう可能性があるのもデメリットです。

子どもに合った教育の選択を

高校受験を控えた子どもたちには通学するのがよいのかそれとも通信教育の方がいいのか悩みどころです。学費・予算の都合上や本人のやる気を考えて通信教育を選ぶというのも一つの手でしょう。

通信教育で高校受験に向けた勉強をするのは孤独でつらいような部分もありますが、一人でやるのがとにかく向いているという人も少なくありません。強い意志とやる気が備わった子どもならきっと一人でも高校受験に向けて努力を続け栄光を勝ち取るでしょう。

通学の場合の協働性の重要性について述べましたが、協働性は学校や塾でのみ育めるという訳でもありません。塾や学校にいる人々と合わないという場合もあるでしょう。通学の場合は、本人にそれほどやる気がなくても周囲がやる気であるならば、それにつられてやる気が出るといった可能性もあります。人間というのは環境に大きく依存する性質も持ち合わせています。最初はやる気がなくても先生の熱意で面白くなって勉強を続けて大幅に成績がアップするというケースもよく聞きます。逆に進捗加減が本人に合わないといったケースや周囲が気になりすぎて逆に勉強にならなくなるといったケース、友人・学友になじめないというケースもあります。

通うのがいいのか通信で独学要素が強い方がいいのかという問題は本人の気質や環境に大きく関わりがあるためどちらがいいとは断言できません。場合によっては通うことにした後に通信にするといったことや、逆に通信にした後に通うことにするという選択だって考えられます。

どちらも試してみてどちらかにする、もしくは併用してやってみるというのも一つの手ではないでしょうか。いずれにせよ、通信教育にも通学にもどちらもメリットとデメリットが存在します。両者を勘案したうえで本人に合った教育を選択することをおススメします。本人が納得して高校受験当日を迎えられることこそが最も重要なことではないかと思われます。

オススメの進学塾・学習塾2選
オススメの進学塾・学習塾2選
オススメの進学塾・学習塾2選
この記事の関連ページ